【悲報】僕青、選抜制を取り入れて23人から11人になる

HKT48

【悲報】僕青、選抜制を取り入れて23人から11人になる

2: 名無し48さん ころころ 2024/04/19(金) 21:55:49.65

>>1 まあ単純に選抜らしいビジュアル ビジュアルって話だと八木は確実にワンランク下だけどもw

3: 名無し48さん ころころ 2024/04/19(金) 21:55:50.40

いや違うそうじゃない感

5: 名無し48さん 2024/04/19(金) 21:56:54.05

他の子することあるの?

6: 名無し48さん 2024/04/19(金) 21:57:27.06

まぁいい傾向だけど 最初からそうしとけ

7: 名無し48さん 2024/04/19(金) 21:57:41.77

このグループに推しが一人もおらんので何とも言いようがない

11: 名無し48さん 2024/04/19(金) 21:58:46.13

AKBも16人選抜は多いから数人減らしてもいい

16: 名無し48さん 2024/04/19(金) 22:03:19.13

青空じゃない方には希望がないw

23: 名無し48さん 2024/04/19(金) 22:10:56.46

もう大人数アイドルの時代じゃないんだろうね

26: 名無し48さん 2024/04/19(金) 22:16:22.75

>>23 選抜制の時代じゃない

30: 名無し48さん 2024/04/19(金) 22:18:58.19

選抜がないなら少人数にして管理をしっかりとしないとな

引用元…★

【GOM Mix】簡単に使える無料動画編集ソフト 【悲報】込山遥香さん 【悲報】乃木坂5期生さん、男とイチャイチャしてる画像が流出しまたしても大炎上してし 【朗報】大和田南那さんのそれでも脱がない倉野尾成美 【悲報】STUメンバー緊急号泣き配信「ツアーのチケットが絶望的に売れてないです(´;ω もしかして、AKB復活した!? 【悲報】秋山由奈さん、HADOのメセカを晒してしまうwwwwww 【速報】STU48上裸ハンガー販売キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 世界の宮脇さんの言い訳「誰かの目には、未熟かもしれない。でも」 【朗報】AKB伊藤百花さん、1 9期オーディションでも 抜群の存在感を出していた
ヤングガンガン 2024 No.07【電子書籍】[ スクウェア・エニックス ]

B.L.T.デジタル写真集 月足天音「morning girl」
東京ニュース通信社
2024-03-27

悲報 僕青 選抜制を取り入れて23人から11人になる

しかしそのトレンドの10人前後の人数は、メンバー一人一人をしっかり覚えてもらう前提の少数精鋭方式だ。選ばれし者の雰囲気が重要なのであって、コロコロ人が入れ替わってたらあんまり意味がない。イコラブのメンバーがシングル出す度に3・4人入れ替わってたら、いつまで経っても顔も名前も憶えない。K‐POPアイドルにしたって同じだ。10人のグループはメンバーを完全に固定しないといけないんだ。AKB選抜にしたって、16人のうちの10人前後が常に固定の状態になってるから毎回同一のグループとして認識してもらえるのであってね。 11人選抜なら最初の「コアメンバー」は7・8人程度で、残りの3・4人がお試し枠になる。しかし人気の上ってきたが10人を越えたらお試し枠はなくなってしまう。となると、選抜の全体の人数を増やさなければいけなくなる。次第にAKBに見栄えが近づいてくるだろうな。グループ全体も増員するだろうしね。結局は従来の秋元系グループの見栄えになるんだと思うよ。

乃木坂46の公式ライバル「僕が見たかった青空」、通称“僕青”。3万人以上の応募者からオーディションを勝ち抜いた23人で活動している。8月30日にデビューしたばかりにもかかわらず、今年の日本レコード大賞、新人賞を受賞。さらに12月には初のワンマンライブを控えるなど、今、勢いのあるグループだ。

選抜の基準は、これまでの活動の中での人気はもちろんのこと、現時点での各人のダンス、ボーカルのレベルを見てとのこと。選抜メンバーチームは「青空組」、非選抜メンバーは「雲組」とされた。

導入理由についてスタッフは「選抜のチームともう一つのチームを作ります。チームを2つに分けることによって、僕青としての幅広い活動ができるのではないかというふうに思っております。さらに、1チームを少人数にするということで、顔を覚えていただきやすいようにしたいなという思いもあり、セカンドシングルは選抜制にしようという結論に至りました」と説明。

そんな僕青のメンバーに激震が走ったのが11月11日。来年1月31日に発売されるセカンドシングルで、乃木坂46なども採用している「選抜制」が導入されることが発表されたのだ。

乃木坂46の公式ライバル「僕が見たかった青空」、通称“僕青”に選抜制度が導入。一人一人に現時点での評価が下され、選抜チーム「青空組」と、非選抜チーム「雲組」の2チームに分けることが発表された。「青空組」は、主に表題曲となるメインの楽曲を担い、メディアでのプロモーションを軸に活動。今後、「雲組」にもオリジナルの楽曲が与えられるが、メディア露出は「青空組」に比べ少なく、ライブやリアルイベントなどを中心に活動していく方針だという。厳しい現実を突きつけられた「雲組」のメンバーは今、何を感じているのか。彼女たちに密着した。

発表後、動揺を隠せない非選抜の「雲組」のメンバーたち。

冠番組観てみたけど、依然として非選抜らしき人も出していて大人数だから、相変わらず誰が誰だか分からず覚えようがない。平等主義なんだろうが、コレじゃ選抜の意味が薄れるし人気上昇には繋がらないな。

これ、選抜の人数を16人にすると非選抜が8人だけになる。非選抜が少なすぎてもダメなんだろうな。非選抜の方が人数多くないとメンバーのモチベが保てなくなる。スゴイ競争が激しくて11人がちょくちょく入れ替わるならいいんだけど、非選抜がほぼ固定になったら中の雰囲気もマズくなると思うんだよね。選抜が非選抜をバカにしたりさ。だから選抜を全体の半数にしてる。 で、結果的に10人前後の選抜になった。K-POPとかイコラブぽい感じの見映えになる。一見して今のトレンドっぽい。

後日、「雲組」メンバーだけでのミーティングが行われた。選抜落ちで、落ち込むメンバーたちだが、長谷川の発言が場の空気を変えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました